ちょこっと blog

ちょこっと blog

ドイツ留学生活のひび、自分を変えたいと思う人の為の記事シェア◎

堅苦しいのはニガテ、、でも英語がしゃべれるようになりたい!!

 

みなさん、”How are you?” と聞かれたら、教科書で一番と言って良いほど有名なフレーズを返していませんか?

まずはこの動画を見てみてください。↓

 

 


簡単で自然な挨拶への返し方!英語の挨拶 初心者編☆〔#456〕

 

留学する前にしておいた方が良いこと

留学して早々、あいさつにはけっこう苦しめられました。あいさつ一つとっても、返し方を知っていないとかなり焦ってしまい、すんなり会話には入れず、会話も弾みません。そこで、フレーズを知っているかが、かなり大きなカギとなってきます。

わたしも、来る前はもちろん英語の準備はしていましたが、実際には座学ばかりで、よく使われるフレーズなどは全然勉強しませんでした。

身の回りでつかう表現は意外と限られてくるので、英会話を楽しみたいならまずは場面別でフレーズを覚えることが一番べんりです。

 

f:id:ac-guitaaar:20180412084844j:plain

堅苦しい学習が苦手な人へ、Youtuberがおすすめ

Youtubeなら無料です。参考書なんかなくても、ネットとスマホさえあればどこでも見れちゃいます。

そして、人気なユーチューバーさんなら、コンテンツがとても面白いので、どんどん見ちゃいます。

冒頭で紹介したバイリンガールさんは、とっても見やすく動画編集がされていて、英語の豆知識だったり、意外なニュアンスだったりと、いろいろと学べちゃえます。

 

文字通り、楽しみながら英語が学べるのです。

 

自分の気になった動画から見ていく

さらに、タイトルやアイキャッチ画像も気になる物ばかりで、次の動画をつぎつぎとポチッとしてしまいます。

 いっぽう、本や参考書で学んだりすると、それが自分の知りたい順に並んでいるわけではないので、どうしても気がそがれていってしまいます。

Youtubeであれば、気になった動画・タイトルを選んで見ていくので、どんどんはまっていきます。(=能動的に学習していく)

僕なんか、気づいたら5時間見ていたときもあります。

 

全部が生きた英語

これら動画で使われている表現、(ネイティブがいっていることだから当たり前なのですが)ぜんぶが使えます。実際に海外のひとたちが使う表現しか紹介されていないので、それがそっくりそのまま使えちゃうのです。

 f:id:ac-guitaaar:20180412084923j:plain

私は一度こんな風な会話をしたことがあります。

長期休み明けにあったパーティーにて:

ゆーや「Hi ! It's been a while! How have you been?(久しぶり~。元気してた?)」

イギリス人「お~久しぶり~。ゆーやは ”Long time no see” って言わないんだね。ぼくのアジア人の友達はみんなそう言うよ。不思議だよな。」

ゆーや「他の国は知らないけど、日本だったら、たぶんLong time no seeが教科書で有名なフレーズだからだと思うよ。(そこ結構気になっちゃうんだ)

 

あらかじめ、ある動画を見ているとき「”久しぶり”と言うのにこんな言いまわしがあったのか~、こんど試してみよ」と思ったのがきっかけでしたが、まさかLong time no seeが違和感を感じるほどのフレーズだとは考えもつきませんでした。

 

参考URL:

「久しぶり」って英語でなんて言うの? - DMM英会話なんてuKnow?

 

 海外の英語話者が回りで実際に使っているフレーズを知ることができます。

 

 日本について外国人に説明するときにも使えるフレーズ多数

バイリンガールさんの動画では、日本を紹介する上でもかなり参考になるものが多いです。たとえば旅先で現地の人と会話をするときなんかにも、、

現地人「日本から来たのね!私もいってみたいわ~」

と返されたときにオススメのフレーズ↓

 


何しにきたの?と聞かれた時のおすすめフレーズ!〔#618〕

 

まとめ

Youtuber バイリンガールさんの動画を見ることによって、無料で、ある程度・・・いや、かなり英語が話せるようになります。

苦なんて全く感じず、むしろどんどん見たくなり、その結果驚くスピードで英語が上手くしゃべれるようになります。

 

そして、できればどこかでその英語をアウトプットする機会を設けられたら良いと思います。

それには、Hallo Talk というアプリがとてもおすすめです。後々、じぶんの経験を踏まえ記事を書きます。

 

さいごまで読んで頂きありがとうございます。